「コロナ禍の新ビジネス」として石川テレビで放映されました!

弊社の取り組みについて、石川テレビ様にて放映されましたのでお知らせいたします。

きっかけは、緊急受付テント「救護キーパーPCR検査仕様」を加賀市へ寄贈した際(2020年11月 寄贈式の様子が石川テレビで放映されました!)に取り上げていただいたご縁で、この度、2021年1月某日に石川県内の「コロナ禍で頑張る企業」として弊社を取材していただきました。

取材の一環として、製作工程やテントの組付けを見たいとのご要望がありました。

そんな当日の撮影と取材の様子の一部を紹介させていただきます。


【以下、関連画像のご紹介】

まずは弊社2階、テントの縫製・加工を行う作業場へご案内。

テント生地の縫製と言えば、ミシン(工業ミシン二本針)作業。取材カメラが寄っているのは縫い目の確認でしょうか。

こちらは全自動ハトメ打ち機での作業風景の撮影。カメラが回っている緊張感の中、普段通り作業するのはなかなか大変な事だったようです。

高周波ウェルダー(テント生地の溶着に使用する機械)による作業風景を撮影。作業スタッフにどういう機械なのかを取材中?

昨年12月に加賀市へ寄付させていただいた緊急受付テント「救護キーパーPCR検査仕様」の組立の様子を撮影中。

弊社スタッフが実演させていただきましたPSR検査時の使用例の様子を撮影。

弊社社長のインタビューの様子です。内容については下のニュース動画をご覧ください。

 


石川県内でも数ある企業の中から弊社を選んでいただき、とても光栄に思います。

これからも時代や状況に合わせながら臨機応変に対応できる企業、そしてお客様のお役に立つ製品を提供し続けられる企業を目指して、スタッフ一同邁進してまいります。

 

 

 

おすすめの記事