【北陸初】本格的グランピングリゾート施設OPEN

(R.M)

以前、ご紹介させていただきました、この記事の続報です。

当社は、今年(2021年)の8月中旬に、コロナ渦によって生まれたキャンプ需要の高まりに合わせて、しかし、キャンプよりも一段、高級志向にランクアップしたアウトドア用宿泊施設のテント・グランピングテント(今回はドーム型テント)の設置に携わらせていただいたのですが、この度、その現場=石川県羽咋市柴垣町・柴垣海岸にて、「オーシャンズテラス柴垣」が2021年9月28日にオープンする運びとなりました旨のお知らせを、オーナーの角野公一様より、(後に紹介させていただきますが)新聞発表より前に頂きました。

現場に立ち会っていただけに、その感慨もより一層深いものがあります。

今回は、石川県が誇る二大地方紙「北陸中日新聞」と「北國新聞」の、この現場の記事をご紹介させていただきます。


【以下、関連画像のご紹介】

先に掲載したのは北國新聞で、2021年9月22日でした。

紙面の郷土ニュースの中で、中心にあるオープンテラス型の建物と後ろのドームテントを紹介しています。ちなみに、両方とも、当社が設置にご協力させていただいています。

記事にもありますが、「グランピングテント施設」では、キャンプと違い、これまでは定番だったキャンプ道具(テントはもちろん、調理用具や寝具、食材など)を持ってくる必要がなく、それらすべて、施設側が準備するので、利用者はとても手軽に「キャンプの雰囲気」を堪能できるのが特徴です。

 

北陸中日新聞は翌日9/23に、紙面の約1/4を使用して紹介しています。

今回のグランピング施設に設置されるグランピングテントについて、本格的なグランピングテント施設自体も北陸初なのですが、「ドーム型のグランピングテント」も北陸初です。

おそらく皆様はアウトドアで使用するテントと聞くと、こちらの三角型を想像されるのではないでしょうか。

しかし、今回のグランピングテントは、三角ではなく丸。

それもこれまでの常識を覆し、大きさは一つの建物並み、

内装はリゾートホテルの一室の様相です。

ちなみに、北陸初、という言葉が示す通りで、ちらほらと、このグランピングテント施設は日本全国各地で増えつつあります。ヨーロッパなどの海外では、すでにアウトドア用宿泊施設の主流がこのグランピングテントになっているとか。


新聞紙面にもあります通り、オープンは2021年9月28日。

そして、これまでのキャンプ場との一番の違は、グランピングテント施設では、このドーム型テントを利用することにより、定番の夏だけではなくフルシーズン楽しめることです。

詳しくはこちらを。

リゾートグランピングドットコムでもご紹介されています。

グランピングリゾート Oceans Terrace SHIBAGAKI【石川】

県内のみならず、県外からも注目を集めていて、オープン前の段階(9/20頃現在)で、すでに50を優に超える予約が入っており、石川県の新しい観光名所誕生の瞬間です。

おすすめの記事